江戸時代の「入墨刑」が超絶恥ずかしい!額や額にいれられる紋様にまさに問答無用!

スクリーンショット 2017-05-07 15.24.42

 Crazy Worldを いいねして
最新情報をGET!









ヒロアキ
こんにちは。ヒロアキです。
今回は日本の江戸時代の「入墨刑」についてです。
レイヤ
なんとも言えないはずかしめです…
日本でも古事記や日本書記に入墨の記述があるほど、その歴史は古いようです。

入墨にはさまざまな意味合いがあると思いますが、今回取り上げるのは江戸時代に行われていた「入墨刑」!
刑罰としての入墨は地域差があったようなのですが、地方によって超絶恥ずかしいものも…






犯罪抑止力のための「入墨刑」

スクリーンショット 2017-05-07 15.24.22
出典元

犯罪が多発するようになった江戸時代中期から始まったとされる「入墨刑」。
地域によってデザイン・パターンが違い、江戸の罪人は腕の関節より少し下あたりに2本線、京都では濁点のような2つの点、長州ではひし形が彫られているのがわかるでしょうか。

レイヤ
犯罪者の区別と、その予備軍への見せしめの意味もあったのでしょう。






↓ 記事の続きはこちら! ↓



スクリーンショット 2017-05-07 15.24.42