6月か10月に巨大小惑星衝突!?マグニチュード12の大地震に地球真っ二つで人類滅亡の危機!!

スクリーンショット 2017-05-03 18.21.35

 Crazy Worldを いいねして
最新情報をGET!









マサヤ
こんにちは。マサヤです。
GWに突入しましたね。しかしそんなGWも今年が最後かもしれません…
レイヤ
よからぬ噂がたっているみたいですね。
スクリーンショット 2017-05-03 18.20.16

英タブロイド紙「Express」が今年6月と10月に2つの小惑星が地球に衝突し、人類が滅亡すると伝えました!

驚愕の小惑星衝突情報を流したのはYouTubeチャンネル「End of The World Apocalypes News & Updates」で、動画によると現地時間6月23日、プエルトリコ沿岸に巨大小惑星「3BC2017」が落下するといいます。






しかし、「3BC2017」という名の小惑星はNASA公式ウェブサイトのどこを探しても見つけることができないため「フェイク」だと言う懐疑論者もいますが、「これはデマでも冗談でもない。もうすぐ6月に起ころうとしているリアルな出来事だ」と言っています。

もしこの小惑星が地球に直撃した場合、数千万人が死亡、隕石衝突の衝撃で地球の自転が3日間も停止、M12規模のメガ地震、巨大津波が世界各地で発生するといいます。
一説によると、M12クラスの地震が発生した場合、地球が真っ二つに割れる可能性まであるらしいのです。

マサヤ
この小惑星は確実に証明するすべはありません。
しかし10月に衝突すると言われている小惑星はより現実に近いものです…






↓ 記事の続きはこちら! ↓