痛すぎる!少女の体を切り刻むエチオピアの「スルマ族」… 痛く美しい衝撃の儀式とは。

スクリーンショット 2017-04-29 20.23.42

 Crazy Worldを いいねして
最新情報をGET!














レイヤ
こんにちは。レイヤです。
日本ではまだタトゥーに偏見があるように思いますが皆さんはどうですか?
マサヤ
ファッション感覚でいれる人は以前より増えていそうですね。
レイヤ
今回はタトゥーのさらに上をいくスカリフィケーションに注目します!
刺青(入れ墨)またはタトゥーは若干の違いはあるものの、基本的には針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨や絵の具などを入れて文字や絵画を描くことです。
想像するだけで痛そうですが、さらにその上をいく「スカリフィケーション」というものがあるのをご存知ですか?

最近は欧米でもタトゥーよりその「スカリフィケーション」に人気が集まっているといいます。
スカリフィケーションとは一体何なのでしょう?











英語が得意な方なら何となく想像できるかもしれませんが、「スカリフィケーション(scarification)」とは、身体装飾(身体改造)の一種で、皮膚を傷つけた際に形成されるケロイドによって身体に模様を描くものです。

スカリフィケ―ションの元祖はエチオピアのスルマ族にあるというのですが、彼らの行うスカリフィケーションはファッションではなく、れっきとした「儀式」として行われるのです。












↓ 記事の続きはこちら! ↓