CNNレポーター人間の脳を食べる!?インドの死体崇拝カルト「アグホリ」の驚くべき実態!

スクリーンショット 2017-04-02 22.31.04

 Crazy Worldを いいねして
最新情報をGET!









レイヤ
こんにちは。レイヤです。
世界には数えくれない宗教が存在しますね。
リサ
日本だけでも二十数万はあると言われているらしいです。
レイヤ
今回は恐らく皆さんが初めて聞く宗派であろう「アグホリ」を紹介します。

ヒンドゥー教の異端宗派「アグホリ」

スクリーンショット 2017-04-02 20.47.32
引用元

ヒンドゥー教の人肉食を行う宗派である「アグホリ」をご存知でしょうか?

「アグホリ」はヒンドゥー教のシヴァ神の信者であり、死体を崇拝するヒンドゥー教の中でも異端の宗派です。
インドの人々にすら恐れられていて、ヒンドゥー教の主流派にも彼らは認められていません。

彼らの習慣は極めて変わっていて、全裸もしくは腰に布を巻き、全身に人間の遺灰を塗って生活しています。
さらに、ガンジス川から拾ってきた人間の肉を食べ、マリファナを吸い、人間の頭蓋骨で作った盃でお酒を飲み、動物の便や尿まで口にします。

聞いただけでもなんとも恐ろしい宗派ですよね。

そんな彼らの生活を体験したのが、イラン生まれの宗教学者で、CNNドキュメンタリー番組「Believer(ビリーバー)」のレポーターでもあるレザ・アスラン氏…。






番組内でアグホリの取材を行ったアスランさん。
そこで彼はアグホリの儀式に参加し、グルと呼ばれる指導者に勧められ人間の脳を食べ、さらに頭蓋骨のカップでお酒まで飲むことに…。

いくら取材と言えど、とても勇気のいる行為ですよね。

しかし、さらに驚くべき事にグルはその後糞便し、その便を食べ、アスランさんやテレビクルーに投げつけるという理解しがたい行動に出たのです!

興味のある方はその取材時の様子をyoutubeでご覧下さい。

この様子が放送されると各方面からCNNとアスランさんに対して「ヒンドゥー教への恐怖心と間違った概念を与える」として激しい批判と抗議が巻き起こったそうです。

アグホリの信徒数はわずか100人未満の小さな宗派なので皆さんもこれを見て、決して「ヒンドゥー教徒は人食い」という誤った認識を持たないようにしましょう。

サムネイル:youtube

《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://tocana.jp/2017/04/post_12737_entry.html