【驚愕】謎多き国”北朝鮮”について知らなかった10の事実…完全に気が狂っているとネットで話題に….

スクリーンショット 2016-07-24 9.36.13

 Crazy Worldを いいねして
最新情報をGET!









1.大麻は合法となっている

1_e47

北朝鮮では、大麻を吸うことはタブー視されていない。一般の人が日常的に吸っている。クリスタル・メスなどの強力な覚醒剤の使用や取引は死刑だが、大麻は違法ではなく、取り締まりもされていない。






2.1962年、4人の米兵が北朝鮮に亡命。いまだに生活している人がいる。

2_e45

子ども時代、結婚生活、軍隊生活、すべてにうんざりだった。私は負け犬で、行く場所はひとつだけだった。と語るのはジェイムズ・ドレスノク。北朝鮮へ亡命して現在もそこで生活している元米兵だ。

1962年8月、彼は北朝鮮に渡り、やはり亡命者のラリー・アレン・アブシアーと出会った。最終的にアブシアー、ジェリー・パリッシュ、チャールズ・ロバート・ジェンキンス、そしてドレスノクの4人は一緒に生活するようになり、北朝鮮政府のための宣伝活動に参加するようになった。雑誌の表紙に登場したり、拡声器で国境の米兵に亡命を促した。当初は北朝鮮に残るつもりはなく、1966年4人はピョンヤンにあるソ連大使館に庇護を求めて北朝鮮を出ようとしたが、すぐに大使館によって北朝鮮当局に引き渡された。結局、ドレスノクは北朝鮮定住を決め、現地で何度か結婚し、現在は健康が思わしくない。







↓ 記事の続きはこちら! ↓



スクリーンショット 2016-07-24 9.36.13