【グロ注意】かつて実際に行われていた驚愕の処刑方法

スクリーンショット 2016-07-17 23.39.52

 Crazy Worldを いいねして
最新情報をGET!









 

25.Scaphism

1_e0

古代ペルシャで行われていた処刑方法。犠牲者にミルクやハチミツを無理やり大量に食べさせて下痢を起こさせ、裸の皮膚にハチミツを塗って木の幹に縛りつけ、淀んだ池の上に放置する。その体や排泄物に虫が引き寄せられてたかり、皮膚を食い破り、卵を産みつけ始める。壊疽が広がり、飢餓と脱水症状とショックでじわじわと2週間以上かけて死に至る。

24.ギロチン

2_e59

苦しめずに人道的に処刑するためという理由で、11の車裂きの刑の後、1700年代後半にフランスで考案された。フランスで最後にギロチンによる処刑が行われたのは1977年。






23.共和政心中刑

3_e49

フランス革命時に行われていた、男女を縛りつけて川へ沈める奇妙な処刑法。

22.セメント靴

4_e1

アメリカのマフィアが好んで使った処刑方法。足をセメントで固めて浮かんでこないようにして水に沈める。







↓ 記事の続きはこちら! ↓



スクリーンショット 2016-07-17 23.39.52