あんな仕事からこんな仕事まで!?日本ヤクザの仕事内容が衝撃すぎて価値観崩壊….

スクリーンショット 2016-07-15 14.51.48

 Crazy Worldを いいねして
最新情報をGET!









10.総会屋

1_e14

やくざによる大規模なゆすり活動のこと。まずやくざはある会社の株式を買って株主になり、その会社の粗をほじくり出して、金をよこさなけば株主総会で騒ぎを起こすと脅す。このような騒ぎが明るみに出るのを恥じる日本人の風潮から、こうした脅しは功を奏す。

このゆすりが独特なのは、極めて礼儀正しく、遠回しなやり方で行われるということだ。やくざはゴルフトーナメントやさまざまなイベントを主催して、法外な金額のチケットをゆすりの相手に売りつけたりする。日本の大企業はずっとそうしたターゲットにされてきた。

1982年、企業が総会屋対策にしかたがなく金を払うこうした日本特有の風潮を違法とする法律が制定されたが、やくざのほうもより巧妙に手を打ってきた。現在とられている一番効果的な対策は、株主総会を一斉に行うことで、やくざたちを各社に分散させ、その力をそぐことだ。東京証券取引所に上場している企業の90%が、同じ日に株主総会を開く。






9.やくざの取り締まり

2_e14

山口組は日本最大の暴力団組織で、最近はアメリカ政府の制裁の対象になっていて、アメリカ市民は組織の組長篠田健市との取引を禁止されている。ナンバー2の高山清司もブラックリストに載っていて、アメリカ政府は彼らのアメリカにおける資産を凍結している。日本でもこの動きは広がっていて、やくざと合法ビジネスがつながるのを阻止しようとしている。

これまでの日本のヤクザ撲滅対策は、やくざと取引しようとするビジネスに罰金を科すというもので、これはある程度効果がある。暴力団の組員人数は減っていて、一時的な組員のほうが固定組員よりも多い。篠田はこうした暴力団排除はよりどころのなくなった多くの危険な犯罪者を野放しにすることだと批判している。山口組が解散するようなことになれば、すぐに世の中の秩序など崩壊するというのだ。







↓ 記事の続きはこちら! ↓



スクリーンショット 2016-07-15 14.51.48